紅葉のれん

2018.10.26 Friday

0



    もみじのれんがやっと完成しました。
    この生地を探すにあたり
    京都大原のみつる工芸さんに
    ご協力いただきました。

    元々、亡くなったご主人の
    安井みつるさんは 麻布の問屋さんにお勤めでした
    麻生地の事は専門職ですからお詳しくて、それに柿渋にや藍染を塗って
    色々物
    のれんや座布団カバーやバックや傘などを作るようになりました。 奥様の一代さんは絵がとても上手かったので、墨絵をのれんなどに描いて
    作品を作っておられました。
    そのうち、息子さん達がお仕事を継がれることになりました。
    とても良いチームが出来て
    私も生地や染めのことで、お世話になっておりました。

    3年前ご主人のみつるさんが亡くなり
    ご長男さんが本格的に
    会社を引っ張って行くことになり
    一代さんは寂しいけど
    お孫さんに囲まれながら
    いつも絵を描いていました。

    所が、今月15日に
    一代さんが亡くなったとの知らせ
    もうビックリです。
    病気なのは知っていましたが
    亡くなるとは(≧∇≦)

    私は直ぐに京都に行って
    どうゆう事か見てきました。
    直接的には癌が悪かったみたいです。

    こののれんを完成させるに当たり
    一代さんの手や息子さんの手を渡り
    私の絵で完成です。

    これからもみつる工芸さんに
    お世話になりながらも
    作品を作っていきます。
    後2作、冬編 春編 を作る予定です。
    関連する記事
    コメント
    コメントする